卵胞期(低温期)の体温は高すぎてもだめ

山崎薬局

04-7167-2222

住所/〒277-0005 千葉県柏市柏3-9-21

営業時間/平日8:30~20:00/土曜8:30~18:00
定休日/日曜・祝日

lv

卵胞期(低温期)の体温は高すぎてもだめ

スタッフブログ

2018/04/13 卵胞期(低温期)の体温は高すぎてもだめ

初めて不妊相談に見える方の中には基礎体温がやけに高い方がいらっしゃいます。

病院でホルモン剤治療をしていたり、普段からマカなどのサプリメントを利用していると卵巣に必要以上の負荷がかかってエストロゲンの分泌が落ちてきます。

すると卵巣周辺が張っているように感じたり、排卵や生理前にチクチクした痛みが出てきたり…

サインは色々あるのですが、基礎体温の方も徐々に上昇してきます。

ざっくり言えば、低温期にも高温期にも適温というものが存在してエストロゲンの分泌力が落ちてくると体温が上がります。

以前と比べて高くなったと喜ばないでくださいね。

適温以上は逆に卵巣の力が落ちていることを意味する現象です。

逆に言えばこの適温を知っていれば利用したサプリや漢方、ホルモン剤が自分にあっているのかどうか判断もできます。

 

この適温、意地悪なようですが当店に漢方相談頂いている方にだけご相談の中で教えている不妊改善のポイントでもあります。

知りたい方は店頭までご相談下さい。

TOP